法人カードのメリットを比較分析しておすすめの法人カードを紹介

法人カードを比較して決めるポイントとして重要なこととは

法人カード,比較

会社を設立して法人カードを作る場合、数多くある中からどれを選べば良いのか迷うところです。

 

そこで比較して決める上でポイントとなる重要なことが幾つかあります。

 

まず目的をある程度限定することが必要になります。
それによって比較する基準が異なるからです。

 

年会費と特典

法人カード,比較

例えばできる限りコストを抑えて入手したいような場合、年会費の安さがポイントになります。

 

様々な機能などに目を奪われると、なかなか決めることができなくなります。
ここはランニングコストとなる年会費に焦点を絞って選ぶことが大切です。

 

あるいは個人事業主として自分自身でしか使わないような場合には、個人利用することで特典が多いカードがあります。
そのようなものを選ぶことが必要となります。

 

限度額

法人カード,比較

また資金繰りを重視する場合には、限度額がなるべく多いものが必要となります。

 

利用限度額としては大体500万円がひとつの目処となります。

 

 

 

 

ETCカードの発行

法人カード,比較

そして従業員がETCで使うというような場合、ETCカードの発行が無制限となるカードが便利です。

 

従業員の数が増えても、それに対応して無料で発行してもらえるようなものが便利です。
またサラリーマンが起業したばかりの時に作るのであれば、条件としては厳しいものになります。

 

一般的な法人カードの発行は厳しいために選択肢は狭まりますが、それでも幾つか検討することができるものもあります。
このように利用目的によって比較する条件は変わります。
何を優先するのかを定めることで、お得に利用できるものを選ぶことができます。


利便性と維持費と申込性を考慮したおすすめ法人カード

【JCB 法人カード】安心・便利な最初の1枚のカードの特徴

あらゆるビジネスシーンに対応できる!JCB法人カード
本サイトから申込限定! 初年度年会費無料!
次年度も年会費1,250円(税別)と格安!
ETCカードは年会費無料で発行無制限可能!
ポイント還元率も0.5%とトップクラスの高さ!
JCBのポイントプログラム豊富なサービスを利用可能!

[ポイント型][キャッシュバック型]の2種類の還元方法が選べる!
さらにゴールドプラチナカードなら最上級のサービスと信頼!
【期間限定】入会で最大7,000円分もらえるキャンペーン中!!

年会費 1,250円 ※初年度無料
利用限度額 30万~100万円 (申告内容&利用実績に応じて設定)

三井住友ビジネスカード

【三井住友ビジネスカード】国内外で利用可能!の特徴

国内外で利用でき急に現金が必要なときでも持っていて安心!
もれなく最大8,000円分プレゼント!新規入会キャンペーン実施中!

<三井住友ビジネスカードならスタイルに合わせて3つのカードから選べる>
クラシック(一般)カード(ビジネスをもっとシンプルにしたいなら)
ゴールドカード(ビジネスにもステータスと先進性を持たせたいなら)
プラチナカード(ビジネスに最上級の輝きをもたせたいなら)

経費管理資金運用を効率化できるビジネスカード!
海外旅行傷害保険など国内外の出張サポート16種類の特典豊富!
VISAを含む安心・安全・便利な三井住友ブランドビジネスカードです。

年会費 税抜1,250円+税(クラシックカード)
税抜10,000円+税(ゴールドカード)
利用限度額 原則20万円~100万円(クラシックカード)
原則20万円~300万円(ゴールドカード)
※1回払いでのご利用となります。

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」の特徴

Visaビジネスオファー付帯の頼もしい一枚!幅広い経費決済にご利用可能!
【 個人事業主】【法人代表者】専用のビジネスゴールドカード!

Visaビジネスオファーで宿泊、レンタカーなどビジネスシーンの各種割引・サービスが充実。!
海外旅行傷害保険(2,000万円)、国内旅行傷害保険(1,000万円)
ショッピングガード(年間最高100万円・免責金額10,000円)
カードの紛失盗難保障付きと各種保険・保障もしっかりと付帯!
・充実したサービスでビジネスライフをサポート!
※ウェルカムキャンペーン実施中!
もれなく最大6,500円分オリコポイントプレゼント中!

年会費 2,000円(税別)※初年度無料
利用限度額 10万円~300万円 ※審査により決定 【法人代表者用】

法人カードの審査難易度の比較について

法人カード,比較

法人カードを作る場合、審査が通ることがまず大事なポイントになります。
そこでどのカードを選ぶか比較する上で、審査難易度をひとつの目安とすることになります。

 

法人カードの場合には、実は個人のカードよりも割と審査は厳しくないものが多くなります。
その理由としては、会社を経営しているというステータスの高さが挙げられます。

 

申込者本人の信用力に問題がなければ、大抵は通ることになります。

個人事業主の場合の審査について

法人カード,比較

けれども個人事業主となると少し条件は変わります。
審査難易度は高くなりますし、複数のカード会社に申し込んで審査に落ちることになれば、信用力にも問題が出るようになります。

 

まずは会社の登記簿謄本が必要ないようなカードを選んで比較することになります。
あるいは会社を設立して間もないような時に法人カードを作る必要がある場合にも、個人としてカードを作れるような会社の方が審査難易度は低くなります。

 

ただし、たとえ審査難易度が低いとはいっても、過去にカードローン返済が滞っていたような場合には、審査が通らない場合があります。
その点に関しても事前にチェックする必要があります。

 

また近年増えているものですが、携帯電話はあっても固定電話を引いていない場合があります。
このように会社の所在が確定できないような場合には審査は難しくなります。
その点も踏まえて、それぞれのカード会社の特徴を調べた上で比較することが大切です。

 

個人事業主や会社を設立して間もないような場合には注意すべき点があるということです。


法人カードの金利の比較と限度額について

法人カード,比較

法人カードを使用しますと、経費処理やビジネスにおけるコスト管理がとても楽になります。

 

法人カードを発行することで、ビジネスの様々な場面で法人カードを便利に使用することができます。
法人カードには様々なサービスがありますので、比較することが大切になります。

 

金利などを比較することも、カードについて考える時に大切なこととなります。
カードは限度額について考えることも重要になります。

 

限度額が大きい方が利便性が高いこともあります。
限度額について考える時は、金利について十分に考える必要もあります。

法人カードがビジネスにもたらす影響とは

法人カード,比較

法人カードの使用がビジネスに与える影響はとても大きいものがあります。

 

経理がより簡略化されことで、ビジネスに良い影響が生まれることもあります。
ビジネスは効率性との闘いの一面があまりす。

 

法人カードによって日々のビジネスの業務がより効率的になることは、とても望ましいこととなります。
ビジネスの効率性によってビジネスにおける生産性を高めることもできます。

 

様々なシステムはいかに有効活用するかが求められます。
法人カードなどの便利なシステムの存在を知ることは、とても刺激的なことでもあります。

 

様々な刺激によってビジネスは変革して成長していきます。
ビジネスと金融は大きく関係してきます。

 

金利の判断をする時は、ビジネスの成長率について考慮することが大切になります。
ビジネスは様々な判断の連続となります。
金利をどのように判断するかも、ビジネスにおける大切なプロセスとなります。


年会費無料の法人カードの比較について

法人カード,比較

最近の日本においてはクレジットカードなどが普及してきたことにより、年会費無料の法人カードが発行されるようになってきました。

 

そのような中でも各社メリットデメリットが様々なあるため、
比較を行うことによってより良い還元率の法人カードを選んでおく必要があります。

 

 

還元方法を考える

法人カード,比較

まずは、企業としてどのような用途で還元されたものを使いたいのかが大切になってきます。

 

  • 法人カードの発行会社が提携している商品をカードの利用額に応じて還元していくシステム
  • 現在の発行されているカードに対してはマイルなどの旅行の際に使えるポイントとして還元してくれる

といったところもあります。
様々な使い勝手の用途を満たすことができます。

法人カードと日本社会の状況

法人カード,比較

さらには、現在の日本の企業においてはアメリカほどのカード社会になってきていないため、より多くのユーザーは現金での取引を実施することが可能となっています。

 

アメリカにおいてはユーザーの用途に合わせて還元される商品が選べることができます。何よりも法人カードを利用することができる店舗が、カード社会のアメリカにおいては非常に多くなっています。

 

日本においてはカードの発行手続きなどをより多く宣伝してくるため、様々な企業においては利用範囲が広がってきています。さらには昔であれば、年会費が有料の法人カードでしか受け入れられなかったのですが、現在の日本においては年会費が無料の法人カードにおいてもより良い商品やサービスと交換できるようになってきました。


法人カードのマイルによる比較のポイントとは

法人カード,比較

法人カードを作る場合、マイルが貯まるかどうかも比較のポイントになります。

 

一般的には法人カードは、買い物ではマイルが貯まらないものがほとんどです。
また、貯まったポイントをマイルに変えることができないものもあります。

 

法人カードの利用でマイルが貯まるものは7種類のみとなっています。
その中からお得なものを比較して選ぶことになります。

 

例えば経費として使用する場合、四半期管理レポートを作成してくれるなどビジネスに役立つ特典を持つカードもあります。
また海外渡航時に役に立つ特典を持つものもあります。

マイルの還元率と手数料の比較

法人カード,比較

そして貯まったポイントを個人のマイルに還元する上での還元率の高さも比較する上でのポイントになります。

 

ただし、ポイントからマイルに還元できる法人カードは、年会費が高めに設定されているものもあるので注意が必要です。つまり、マイルに還元するポイントをどれほど貯めることができるかによっても、年会費をどこまで払えるのかが変わってきます。要はそのバランスによって選ぶことになるわけです。

 

さらには交換するための手数料が必要となるカードもあります。
たとえ還元率が高いとしても、手数料の方が高くつくようであれば損をすることになります。
逆に手数料を取られるとしても、それ以上に交換できるほどの還元率を持つものであれば得をするということになります。

 

このように、使用条件を考慮した上で手数料や年会費、
還元率などを総合的に計算してお得になるように選ぶことが大切です。


法人カードの還元率の比較について

法人カード,比較

法人向けのクレジットカードは利用がしやすくなっており、規模の小さいところでも利用ができる便利なものになっています。

 

なぜこの法人カードが使いやすいのかというと、それは利用をする時にポイントがつきそれが還元されるからです。このタイプのカードは利用時にポイントがつくため、それが溜まっていくとかなり大きな金額になります。

 

特に法人のような複数の取引をする所でポイントが貯まるわけですから、その効果は非常に大きくなります。

金融機関によって還元率が異なる

法人カード,比較

ただしこのようなポイントはどのクレジットカードを利用しても同じではなく、利用する金融機関によって還元率が変わります。

 

そのような特徴がありますから金融機関ごとの還元率の比較はしたほうがよく、そういう対応をしておくことは重要です。

 

 

インターネットで情報を比較する

法人カード,比較

ではどうやってそのようなデータを調べるとよいかというと、ネットを使って情報収集をすれば対応をする事ができます。

 

ネットには法人カードの還元率のデータが存在しており、それを比較することによってどのようなメリットがあるのかが分かります。
また中にはこのようなカードの比較を専門にしているサイトもあり、そういう所ならば情報を得やすいです。

 

法人カードを利用することはビジネスを効率よく行うために重要であり、このようなカードを使うと問題が起こりづらいです。
そのため法人カードの還元率の比較は利用する前にやったほうがよく、そういう対応をしておけばメリットを得られます。
最近はこのタイプのカードの利用条件がゆるくなっていますから、小規模の業者でも利用がしやすくなっています。


「法人カードを徹底比較|便利でお得な法人カードはこれだ!」関連情報